スポンサーリンク

初心者は質より量を重視して行動せよ

所感
・初心者は質を重視すべきか量を重視すべきか分からない
・どうやって量を増やせばいいんだろう?
・量を増やしてからどうすればいいんだろう?

何か新しいことを始めようとしたときに、ふと疑問に思うことが、

「量より質」 または 「質より量」のどちらがいいんだろう?

と思った人がいるのではないだろうか?
いきなり結論を書くが、「質より量」を勧める。

そこで今回は、

・初心者はまず「質より量」をこなした方がいい理由
・初心者にとっての量の増やし方
・量を重視してどうやって学ぶか?

という3本立てで、質より量を重視した方がいいということを、
個人の経験および自分でリサーチしたことを元に説明していく。

1.初心者はまず「質より量」をこなした方がいい理由

ここではブログを前提に語っていく。

・試行回数が増えるから
・試行回数が増えることで、慣れやすくなるから
・記事数が増えることで、アクセス数が増える可能性があるから
・多少内容が雑でも、見てもらえる可能性がゼロではないから

仮に素人レベルで質を重視したところで、
技術が全然追いつけていないため、
本当に上質なものには程遠く、結果的にナンセンスである。

だから、渾身の作品を作ろうとするよりも、
良い加減程度のものを乱発した方が最初はベターである。

2.初心者にとっての量の増やし方

2-1.最初は闇雲でもいい

最初はあくまで、量を重視
ということで、本当に駆け出しのときは、
形から入ろうとせず、自分のメモ帳レベルのものでも書いてしまえばいい。

まずは読まれる実績よりも、
自分でアップしたという実績を上げるだけで十分である。

2-2.ほんのちょっと慣れたら最低限のやり方を試みる

やる前から薄々分かってはいるだろうが、
しばらくすると闇雲に書いていくのが
さすがにこのままじゃいけないと思ってくるはず。
と同時に、実作業を行うことで、最低限改善すべきことも分かってくると思う。

そこから、「これはさすがに守らなければならないだろう」
というところだけを掴んで、再び量をこなしていくとよい。

3.量を重視してどうやって学ぶか?

まず注意すべきこととして、

量を重視することというのは、
同じものを量産していくという意味ではない。

いくら量を重視するとはいえ、
質をいつまでも向上しようとしないのは本末転倒である。

スタンスとしては、量は重視するが、
最低限の思考を行ったうえで数をこなすという感じである。

量をこなすことで次第に慣れて、どんな感じか分かってきたら、
そこでようやく振り返ってみる。

量をこなしたことがサンプルとなって、
改善点が見えてきて、結果的に質が向上していく。

4.まとめ

・まずはとりあえず実行
・ほんのちょっと改善
・数をこなし続ける
・ある程度揃ったらそこでようやく質の向上を行う

以上を行って、失敗を成功へ持っていき、
質の高い記事を作っていけばいいと思う。

所感
スポンサーリンク
黒スプレーをフォローする
黒スプレー's ブログ 〜 第1章:崖っぷちからの生還へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました