スポンサーリンク

無駄なプライドを捨てる方法【パラダイムシフトします】

自己啓発
・無駄なプライドが邪魔して他人のアドバイスを聞けない
プライドを捨てるいい方法はないか?
プライドを捨てれたらどうなるの?

読者であるあなたは、自分がプライドが
高くて思うような行動ができず
悩んだ経験はないだろうか?

作者である私は、Twitterをガチで
やるようになってから、
己のプライドが高いことに気づきました。
そのきっかけは後述します。

そこで今回のブログでは、

無駄なプライドが邪魔するとどうなるの?
プライドを捨てる必要は実はありません
己のプライドの高さは上手く活用できる

というテーマで、私は「あること」に
気付いたことをもとに説明していく。

1.無駄なプライドが邪魔するとどうなるの?

無駄なプライドが邪魔していると、
結論から言うと、
思ったような行動がとれなくなります。

なぜなら、私の場合ですが、
自分のプライドの高さが仇になって、
めちゃめちゃ意固地になっていたからです。

話が長くなりますが、私並行してTwitterを
やっていますが、Twitterをガチンコで
やっている方々って渾身のツイートによって
何十とか何百いいねもらったり、
リプライの嵐なわけですよ。

だから本来だったら凄腕なアカウントの
方の書き込みの手法を真似すれば、
基本上達できるわけですよ。

しかし、私は何だかとても悔しくて、
負けた気になって、真似ようとする気に
ならなかったんです。

ゆえに無駄なプライドが邪魔すると、
成長する機会を損失してしまう
非常にもったいないことになるんです。

2.プライドを捨てる必要は実はありません

無駄なプライドに悩んでいた私は、
何とかして捨てることができないだろうか
と思っても、とても捨てれる勇気がなく、
いろんな方に相談をしてたりもしました。

その中で私は、Google先生で
プライドを捨てる方法を何とかして
探そうとしていました。

過去ツイートのまとめサイトで
偶然発見したんですが、
こんな書き込みが書かれていました。

「プライドをどこに置くかだと思う。
自分に置くとプライドが邪魔をするが、
仕事や成功に置けば身が軽く動けるようになる。」

この書き込みを見て、
「えっ、プライドって
矛先を変えることができるの?」
という気づきがありました。

と同時に私は昔本を読んで知っていた
「ある逸話」を思い出しました、
これが私が実際にツイートした内容です。

ツイートでは文字数の関係で
ざっくりしか書けず、補足すると、
低迷していたアサヒビールに、
1986年に樋口廣太郎氏が社長として就任。
(ツイートで「顧問」と書いたのは誤記)

樋口社長が当時社員に伝えていた
言葉というのが、
「前例がない。だからこそやる!」
というキャッチフレーズが
当時あったようです。

前述の「前例がない。だからこそやる!」に
倣うかのごとく実行したのが、
ツイートに書いたように、
樋口社長が、キリンビールおよび
サッポロビールの当時の会長に
「アサヒビールのどこが悪いというのか?」
というのを直談判したということです。

同業他社へ直談判する行動は、
プライドの対象が「自社(アサヒビール)」だと
まず無理な行動だと思います。

プライドの対象を「業績回復」に
置いたからこそできた
一見すると超大胆な行動なわけです。

もうちょっと補足すると、
「味を変えると失敗する」
というジンクスがあるようですが、
「ビールの味を変える」
という前例のないタブーな行動を
あえて実行したのです。

その結果生まれたのが、
「アサヒ スーパードライ」で、
消費者に受け入れられるビールとなり、
アサヒビールは低迷を脱出することが
できました。

話は長くなりましたが、高いプライドなんか
実は捨てる必要がないんです。
プライドの矛先を、
「自分自身に向けているから」
苦しい思いをしていたんです。

3.己のプライドの高さは上手く活用できる

前の章で説明したように、
プライドを下手に
捨てようと思わなくていいです。
プライドの対象を変えるだけで
ものの見方が大きく変わります。

なぜなら、プライドを捨てる行為は、
正直容易じゃありません。
私は無駄なプライドを捨てようとしても
捨てられなかったです。

でもプライドの対象を変えることは、
簡単です。むしろプライドの高さを
自分以外に使わない手はありません。

例えば最初のほうで、
「Twitterで伸びている人の
真似をすることなんて、私には負ける気に
なってとてもできない」と書きました。

プライドの対象を「Twitterで伸びること」に
変えると、フォーカスの対象が
自意識にならなくなることで、
本気で伸ばそうと考えるようになるんです。

Twitterで上達するためのエッセンスを
びっくりするくらい素直に
受け入れられるようになりました。

したがって、無駄なプライドの高さは、
今まで障害だったのが、
逆に味方として使えるようになったんです。

4.まとめ

いらないプライドを捨てたいと考える人は、
多いと思いますが、実はプライドの対象を
自分自身に向けていたから、
行動が阻害されていたんです。

プライドの対象は、冷静に考えることさえ
できれば矛先は簡単に変えられます。
そうなればあれだけ悩ましかった
プライドの高さを逆手に使うことが
できるようになります。

もし、あなたがプライドの高さで
悩んでいると思うのであれば、
プライドがどこに向いているのかを
知るだけでも「絶対に」やってみてください。

私が書いたことが誰かの役に立てれれば、
これほど嬉しいことはありません。
それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました