スポンサーリンク

人望を得る方法5選

精神論
・周りの人から一目置かれたいなあ
・でも人望を得るための方法ってどんな感じだろう?
・もっと人望を得るためのヒントが欲しいよ

「何でAさんはあんなに頼られて、
私には誰も来ないの?」
と嘆きたくなる人はいるだろうか?

今回は、「自分には人望がないのかな」と
薄々でも感じている人のために、

・なぜ人望を得たいのかを考えてみる
・人望を得る方法5選
・人望を得る方法のヒントとなる著書2選

という内容で、
周りの人望が薄くて困っていた筆者が、
いろいろリサーチして
分かったことを上げていく。

1.なぜ人望を得たいのか考える

まずはそもそも「人望」ってどんな意味かを、
念のために広辞苑で調べてみた。

【人望】
世間の多くの人々がその人に寄せる
尊敬・信頼、また期待の心。

簡単に言うと、
「いかに周りに慕われるか」という感じである。

以上を踏まえたうえで、まずはなぜ人望を
得たいのかを考えるのである。

ちなみに私の場合、
当ブログのマネタイズのためである。

「黒スプレーさんが紹介しているんだから、
紹介している商品やサービスを
買ってみようかな」という感じで、
これから人望を
さらに得ていこうと思っている。

2.人望を得る方法5選

ではどうすれば、
周りから人望を得ることができるのか?
具体的なやり方を5つ挙げてみた。

2.1 小さな約束をきっちりと守ること

まずは、相手との約束を守ることが、
人望を得ることにつながる第一歩である。
ここでキーとなるのは、
些細な感じの「小さな約束」である。

例えば相手が、
「以前にあんな約束していたなあ」
というような、軽い感じの約束でも、
忘れずに守ってあげることで、
約束した人から
人望を得ることができるのである。

間違っても、小中学生の頃のように、
本やCDやゲームを
友達から借りて返さないままで
いるようなことをするのは論外である。

約束を忘れてしまわないように、
例えば携帯のメモに記録しておいて、
不履行しないように
気をつけなければならない。

あとは、受けた約束を
できるだけ早く果たしてあげると、
より人望が得られるので、
受けた約束は、
全力で守る努力をすることである。

2.2 自分の仕事をきっちりとこなすこと

これは、2.1で説明したことと、
おおよそ重複する内容である。

自分が与えられた仕事は、
最低でもやり切ることが絶対条件である。
間違えてもいい加減な仕事で、
チームに迷惑をかけるようなことをすると、
人望がダダ下がりになってしまうので、
もっての外である。

ちなみに筆者の場合、
昔は仕事が上手くこなすことができず、
周りに迷惑をかけまくったことが、
人望が得られない
大きなしくじりポイントであった。

なので、自分の務めをきっちりと
果たすことによって、
周りから人望が得られる。

もし、一人でこなすのが
難しいなと判断した場合は、
周りに協力を得るなり、
仕事を振ってきた上司に相談するなりして、
こなすための姿勢を
最大限見せていくことが重要である。

2.3 人の話に耳を傾けること

人は、話を聞いてもらえると、
とても嬉しく感じる。

また、話したことに対して
共感してもらえると、
共感してくれた人が
いい人であるように感じる。

好意を持つことによって、
人望が得られるのである。

私は日々Twitterを閲覧しているが、
私がツイート(発言)したり、
リプライ(コメント)した内容に対して、
めちゃめちゃ共感してくれる
フォロワーさんが何人もいらっしゃる。

私は共感してくれるフォロワーさんに
好意を持つようになりますね。

また、私もフォロワーさんの
書き込み内容に対して共感したことが、
とても喜ばれて、
Twitter内で良好な関係を
築くことができた経験がある。

要は、相手の発言に対して
否定せずに受け止めてあげれば、
味方であるように感じて、
人望が得られるのである。

2.4 発言を簡単に変えないこと

いわゆる「言行一致」の考え方である。

言っていることと、やっていることが
矛盾しているような人だと、
人望を得るのは難しくなる。

逆に言っていることどおりに
行動できている人に対しては、
支持したくなってくるのでは
ないだろうか?

あと気をつけなければならないのは、
発言することがどんなシチュエーションでも、
または誰に対してでも、
変えていないかである。
いわゆる「ブレない発言」が人望を集める。

注意点として、人の意見に関しては耳を傾け、
自分の考えよりも優れている場合が
起こることがある。

その場合に、意地でも考えを
変えないようなことがあれば、
周りから「頑固者」の烙印を
押されることになる可能性がある。

 

まとめると、必要に応じて
発言内容を変える可能性が
無きにしもあらずだが、
基本は発言を簡単に
変えないというスタンスが、
人望を得られるのである。

2.5 結果を出すように努力していくこと

仕事やスポーツなど
何事にも結果を残せなければ、
なかなか信頼されないものである。

実際問題、既に結果を
出されている人を見ると、
一目置きたくなる。

またTwitterを例にとるが、
現時点でフォロワー1000人台の筆者が、
フォロワー1万人以上の
アカウントの人を見ると、
結果残しているだけあって、
ツイート内容に対して
一目置きたくなるものである。

だから、人望を得るために、
結果を残すための努力を
惜しまずに行うのである。

結果を残すために必死で努力している
ところが伝わるだけでも尊敬され、
人望が得られるきっかけとなる。

3.人望を得る方法のヒントとなる著書2選

以上、人望を得るための方法について
説明してきたが、
もっと詳しく知りたいよという人のために、
「人望」をテーマにした著書を2冊紹介する。

1冊目が、レス・ギブリン氏が書かれた、
「人望が集まる人の考え方 」。

すべての人が他人に何かを求めている。
誰もが相手に好意を求め、
自分を受け入れて認めてほしいと思っている。

というテーマで書かれた本で、
Amazonの
平均カスタマーレビューは4.0と高評価。

2冊目が、伊東明氏が書かれた、
「人望」とはスキルである。

こちらは、人望のあるなしは、
才能や性格で決まるものではないと
語っている。

また、人望は今からでも
伸ばすことが可能という旨が書かれている。
この本も、人望を得るための
参考になり得る本となっていて、
Amazonの平均カスタマーレビューは
3.8と、こちらも上々。

4.まとめ

それでは、
人望を得るための方法をもう一度挙げる。

・小さな約束をきっちりと守ること
・自分の仕事をきっちりこなすこと
・人の話に耳を傾けること
・発言を簡単に変えないこと
・結果を出すように努力すること

以上のことを実行し続ければ、
周りから慕われていき、
人生が楽になっていくこと
間違いなしである。それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました