スポンサーリンク

内面を磨いて好かれる方法5選

精神論
・内面を磨いて好かれたいですっ
・でも内面はどうやって磨けばいいの?
・内面を磨いたら、
どんなふうに魅力的になれるんだろう?

内面が魅力的な人ってどんな人ですか?

あなたは内面を磨いてみたいと思いますか?

感じ方は人それぞれであるが、
ある人Aさんとコミュニケーション
したとして、「やたら魅力的に感じるなあ」
と、それとなく感じた経験があるはず。

内面的魅力に影響されて、「自分も」と
思った人のために、今回は、

・内面を磨いて好かれたいと
思うところからまずはスタート
・内面を磨いて好かれていく方法5選
・内面を磨ければこんなに
好かれやすくなる

という内容で、内面が美しくなりたいと
思った筆者がリサーチしたことを
これからシェアしていきます。

1.内面を磨いて好かれたいと思うところからまずはスタート

タイトルに書いているように、
初めは内面を磨きたいという思いには、
「好かれたい」というスピリットが
原点ではないだろうか?

そして、「好かれたい」と思うには、
何か理由やきっかけがあるはず。

ということで、
原点を明確にするのが入口になる。

2.内面を磨いて好かれていく方法5選

2.1 メンタルを鍛える

自分が輝けるようになるためには、
メンタルを鍛えることが重要となる。
なぜなら、メンタルの影響が
心の状態に直結するからである。

で、どんなふうに鍛えればいいかというと、
「どんな状況にも動じない強靭なメンタルを」
と考えがちになるところだが、
それよりも、「柔軟でしなやかな感じ」に
メンタルを鍛えていくことである。

具体的に表現すると、

・日ごろからできる限り
快のメンタルをキープする
・不快のメンタルに移っても、すぐに快の
メンタルに戻せるようになること

が体現できるように心がけていくのである。

2.2 自分の弱みを強みに変える

自分の弱みっていうのは、
自分自身にはとても分かりやすいものである。
それゆえ、弱みを正して
補おうと考えがちになる。

しかしこの考え方は、
自分の元々ある強みを活かせなく
なってしまうリスクが実はあったりする。

ではどうするかというと、
弱みとしてフォーカスするのではなく、
自分が「弱み」と捉えている見方を変えること。
つまり、リフレーミングすることである。
なぜなら、その弱みと捉えていることが、
普段の自分を構成する
要素の一つであるからである。

したがって、弱みと認識していることを
よくよく考察すれば、
逆に強みとして捉えることもでき、
自分の武器にできる可能性がある。

2.3 知性を磨く

結論から言うと、
知性は簡単に退化しません。ご安心を。
実際には、50歳くらいまでは
成長できるようです。

知性には、4種類ある。

・数学的知性
・論理的思考
・言語的知性
・感情知性

知性は、以上の4要素を重点的に磨くのが
効果的である。

数学的知性と論理的知性は、
仕事を行ったりすることに役立ち、
言語的知性や感情知性は、
他人とコミュニケーションするときに
役立つ知性である。

2.4 「自分の性格や考え方は変えられる」というマインドを持つ

自分の内面を磨くためには、
「精神的な成長」が不可欠となる。
成長するためには、
「マインドセット」というのが必要となり、
凡人だろうが天才だろうが
鍛え続けなければ意味を成さないものである。

何を意識すればいいのかというと、

・全ての出来事が自分の成長になること
・自分の成長が、人生を豊かにしてくれる

という2点が、

心から思えるようになるかどうかである。

もっとも、「自分を磨きたいんだ!」という
思いがある時点で、マインドはある程度まで
できていると言ってよい。

あとは上記の2つの考えを、
常日頃持ち続けることである。

2.5 自分を磨くための目的意識を持てるようにする

「目的意識」をしっかり持つことも
大切である。

しかし、ここでの「目的意識」とは、
「お金が稼げるようになりたい」と
いうような目標的なものではなく、

自分の強みを持ち、やりがいを感じて、
自分の周囲のためにも、
社会のためにもなる。
ゴールがあるようでない。

という感じの目的意識を持つことである。

「自分のためにも、他人のためにも」という
目的意識を持つことができれば、
モチベーションに頼らずして、
楽しく自分を磨けるようになる。

「自分を磨けば誰かのためになる」
という考えを持てば、
速く成長することができますよ。

ゴールを意識する癖がついていれば、
トークなどで表現する際の
説得力も上がっていきます。

3.内面を磨ければこんなに好かれやすくなる

自分の内面を磨くことによって

・自分のことが好きになれる
・自分のことが肯定的に思えるようになる
・自分に自信がつく
・他人にも肯定的に接することが
できるようになる

という効果を得ることができる。
上記のような人をイメージしたら
どんな印象を持つだろうか?
多くの人は、それとなく輝いている
イメージを持つ人が
多いのではないだろうか?

あくまで筆者の主観だが、
輝いているイメージを持つ人は、
その人を好きたくなると思っています。

4.まとめ

それでは最後に、
2.で紹介したメソッドをもう一度記します。

・メンタルを鍛える
・自分の弱みを強みに変える
・知性を磨く
・「自分の性格や考え方は変えられる」
というマインドを持つ
・自分を磨くための目的意識を持てる
ようにする

注意すべき点としては、
内面は急に磨けられるわけではなく、
月単位の継続で次第に磨かれる感じである。

また、自分磨きは、
あくまで自分主体で行うものであり、
いくら有益だからと言って、
他の人に強要するのは、
ただの価値観の押し付けと
なるので注意すること。それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました