スポンサーリンク

他人と比較したくなってしまう理由【名言も紹介】

所感

なぜ人と比較なってしまうのか?

  • 他人と比較することを抑えるにはどうすればいいか?
  • 他人と比較することに関する明言は何かあるか?

という疑問について、記していこうと思います。

本記事の内容

  1. 他人と比較したくなってしまう理由
  2. 他人と比較することを抑えるための対処法
  3. 他人と比較することに関する名言を紹介

本記事について、
いろいろ調べたことを基本に、

  • 自分なりの所感で説明
  • 著名人が人と比較することに対してどんな所感を述べているのか

をいうのを記していきます。

他人と比較したくなってしまう理由

目に見えることが羨ましく思ってしまうから

人間というのは、目で見えたことが認知しやすいため、
その人の「上っ面の事実」だけで比較しがちになる。

例えば、

・月収100万円以上稼いでいる人
・Twitterでフォロアーが1万人以上いる人
・Youtubeのチャンネル登録数が10万人以上いる人
・先に管理職に昇進した同僚
・可愛い彼女がいる男子

など、例を挙げるときりがない。
読者によっては、「隣の芝生は青く」見えてしまうだろう。

自己肯定感が低いから

自己肯定感が低いと、自分のことを正当に受け入れることが難しくなったり、
卑屈になりやすい。
したがって、他社と比較して、羨ましく感じやすくなったりとか、
劣等感を感じてしまうのである。

プライドが必要以上に高いから

プライドが高い人というのは、

劣った人間でいたくない
弱さを人に見せたくない

という傾向がある。
したがって、自分と他人を比較する必要が出てくるのである。

自分の方が優れていると、自身のプライドが保たれる。
逆に自分の方が劣っていると、メッキが剥がれるかのごとく、劣等感に苛まれるのである。

他人と比較することを抑えるための対処法

絶対的な価値基準はないことを認識する

世の中の価値基準は、「絶対的」なものではなく、あくまで「相対的」なものである。

ところ変われば価値基準が異なってくるし、
時代の変化によっても価値観が変わり得るものである。

故に、価値基準というのは、絶対的に見えて、
基準がコロコロ変わっていくのである。

現状の外にゴールを置いて行動する

例えば、今勤めている会社で、「早く管理職に出世したい」という目標であれば、
今いるステージの延長線上にゴールを置いているため、
他人と比較する機会が多発する。

「副業で毎月100万円以上稼げるようになる」という目標であれば、
現状と異なるステージで目標を置くことになるため、
少なくとも身近な人とは比較する必要がなくなる。

SNSやメディアの情報を極力見ない

SNSやメディアというのは、いろんな事実が表現される。
特にSNSだったら、自分のすごさを自慢するような人もいたりするだろう。

なので、SNSやメディアに関しては、初めから見ないようにすれば、
人と比較するということ自体を絶つことができる。

状況に関係なく自分をほめる(自己肯定する)

前述のように、価値観というのは、場所や時代によって流動的に変わり得る。
だから、周りの状況とは無関係に、
自分が行動したことや、
成果を残したことをほめたりしていくのがベターである。

よって、比較の対象となるのは、他人とではなく、
「過去の自分」と比較するのである。

他人と比較することに関する名言を紹介

「他人と比較すること」をテーマとした名言をいくつか載せていく。

「自分と他人を比較するのはやめなさい。その態度はしばしば他人を台座に持ち上げ、自分自身を辱めることにつながります。」(ジョセフ・マーフィー)
「他人のものさし 自分のものさし それぞれ寸法が違うんだよ」(相田みつを)
「他人と自分を比べて優越感や劣等感を持つのは下らない他人志向。大切なのは自分志向。自分が満足して自分が納得すればいい。」(美輪明宏)
「自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。それは自分自身を侮辱する行為だ。」(ビル・ゲイツ)
「他人と比較しない人は強い。他人と比較しても明るくいられる人は、もっと強い。」(武田双雲)

最後に

「他人と比較する行為」は、無益な考え方であることと、
他人との比較を避ける方法を案内した。

このブログも、自分を戒めるために記した。
読んでいただいた読者にも、参考になれば幸いである。
それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました