スポンサーリンク

チャンスをつかむ人と逃す人【見つける方法も紹介】

精神論
・なぜチャンスを逃してしまうのか?
・そもそもどうすればチャンスに気づけるか?
・どうすればチャンスをつかみやすくなるのか?

チャンスが来たら、普通は絶対ものにしたいと思うだろう。
しかし、誰もがやって来たチャンスをものにできている訳ではない。

巡ってきたチャンスをものにできるか、逃してしまうのかを

・チャンスを逃す原因
・チャンスに敏感になる方法
・チャンスをつかむ方法

という内容で、チャンスを逃しまくってきた私自身の経験や、
どうすればチャンスがつかめるのかをリサーチしてみました。

1.チャンスを逃す原因

1.1 謙遜してしまうから

何か提案されたときとか、頼まれたときに、
「私にはまだ早いです」と謙遜したりしていないだろうか?

実はその態度がチャンスに気づかずに逃す原因となっている。

1.2 「自分にはチャンスがいっぱいある」と思い込んでいるから

「自分にチャンスがたくさん来るだろう」という在り方も、
チャンスを逃しやすくなる危険な考え方である。

なぜなら、「次もまたチャンスが来るだろう」と
油断して行動しないからである。

1.3 自分で決められないから

何か欲しいもの、やりたいことなどで、
「もっといいものがあるのではないか」と決めあぐねていると、
その他のチャンスを逃してしまう要因となってしまう。

1.4 「私って○○だから」と決めつける思考

自分の考え方を決めつけることによって思考の広がりが無くなってしまう。

本質を見極めることが困難となり、チャンスに気づかなくなってしまう。

2.チャンスに敏感になる方法

2.1 チャンスは勝手にやって来ない

チャンスというものは、
基本的に行動した結果やって来るものである。

ゆえに、何も行動していないと
チャンスはなかなか巡って来ないので注意。

2.2 チャンスは埋まっていて気づきにくい

チャンスというのは、「これはチャンスだよ」
という感じで明確に示されない。

だから、ボーッとしていると、
チャンスが実は目の前にあるのに気づかずに
スルーしてしまうという悲劇が起こり得るのである。

2.3 チャンスは何もしていないと消えてしまう

当たり前といえば当たり前かもしれないが、
チャンスは永続されない。

だからチャンスを捉えたら、
決してボヤっとしてはいけないのである。

2.4 目的、目標を明確にする

ぶっちゃけ目的、目標ではなくても、
求めているものをアバウトでもいいので認識していれば、
脳内でRASという回路が働いて、
求めているもののヒントがどこにあるのだろうと、
アンテナを常時貼るようになり、チャンスに敏感になれる。

3.チャンスをつかむ方法

3.1 チャンスに備えて事前準備する

せっかくチャンスを手にしても、
何も準備していないとチャンスを活かしきることができない。

いつ何時どんな状況であってもチャンスをものにするためには、
事前に準備することが必要不可欠となる。

3.2 自分から能動的に何かしら行動する

チャンスに敏感になる方法でも説明しているが、
能動的に行動することで、
チャンスに敏感になるだけでなく、
実際に手にしたチャンスがものにできる。

3.3 人間関係を大事にする

チャンスというのは、人づてでもたらされる場合もある。

だから、日ごろの人間関係を大事にすることで、
チャンスが巡ることもあるし、
手にしたチャンスをものにするために
アシストしてくれる可能性も出るため、
人間関係を日ごろから良好にすることがチャンスをものにしやすくなる。

4.最後に

チャンスはいかに多く拾うか、
いかに拾ったチャンスをものにできるかというのがキーである。

特に目標、目的を明確にしてチャンスを拾おうとすることと、
事前に準備しておくことが特に大事かなと私は思っている。

以上の内容を参考にして、実際にチャンスをものにできたならば、
私は嬉しい限りである。それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました