スポンサーリンク

行動してから勉強する。頭で考えるよりも大切なこと

所感

今回からは何度かに渡って、自分を戒めるためのブログを書いていこうと思っている。
今回自分を戒めたいと思っていることは、「行動前に徹底的にインプットしがち」ということである。

行動したいけれど、成功できるか不安だからノウハウをきっちり学んでからでないと行動できず、ロスタイムがかかってしまうということが悩みというか、クリアしていきたいことである。

どうすればいいか?

その答えとは、「最低限の事前学習のみで、その後は思い切って行動する。そして、問題点に対して事後学習すること」である。

正直、事前学習のみで覚えようとするのが土台無理な話だと私は考えている。頭で覚えたことが仮に完璧であっても、いざ行動しようとしたら思うようにいかない・・・・・。というのが今までの失敗パターンである。
だから今までと趣向を変えて、先に実際にやってみて、上手くいかなかったこと、分からなかったこと、納得できなかったことに対して後から勉強するというスタイルをとるのである。

行動してから学習するの効果

日常生活において、過去に上記のような行動をとったことがあったか考察してみた。
小学生の頃はゲーマーとまではいかないが、ファミコンをプレイすることが好きだった。スーパーマリオブラザーズのプレイが好きで、攻略本を過去に持っていた。

クリアするために攻略本を始めに読破していたかというとそうではなく、あくまでゲームのプレイがメインで、攻略本はあくまで自分のプレイに対し補助的にまれに読むような感じだった。

当時のスーパーマリオブラザーズの攻略本をくまなく見て、コースを完璧に覚えて、どんな敵キャラが出てくるのか完璧に網羅してからゲームしようという発想は当時全くなかったわけで、これからのブログを技術を身につけることを、危うく前述のやり方でやりかけていたと思うと何だか恥ずかしく感じる。

まとめ

技能を必要とすることに関する勉強は、学校の勉強のような学び方じゃなく、あくまで振り返って学ぶことが大事だということである。いわば、百聞は一見に如かずな感じに近いんじゃないかと思っている。

今は「習うより慣れろ」で、様式云々はほぼ度外視で突き進むようにして書いている。自分でブログをコントロールできていないのが現状だが、コントロールできるようになるためにまずはアップだけを目標にしている。

とてもグダってしまっているが、参考にいただければ幸いである。それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました